外資系企業で英語力を活かすためには

MENU

外資系企業で英語力を活かすためには

最近では日本の景気が以前と比較して大きく回復していると言われています。
一般的に好景気になると、企業は採用を増やすといわれています。
こうした傾向は日本企業だけではなく外資系企業もあると言われています。
そのため、多くの学生や転職したい人が外資系企業などを目指して就職活動や転職活動を行っていると言われています。

 

外資系企業はその多くが本社や主な支社が英語圏の国や地域にあることから、就職する際には最低限の英語が使えることが条件となっています。
また、一部の企業ではありますが、採用試験の際に英語検定やTOEIC・TOEFLなどの公的な英語試験の一定以上のスコアーを求める場合もあります。

 

例えば英語検定であれば準1級以上だったり、TOEIC試験であれば820点以上などが挙げられます。
そのため、仮に外資系企業で英語力を活かすのであれば、ただ単に英語が得意と言うだけではなく、英語検定やTOEIC試験を受けて、そのスコアがビジネス上すでに活躍できるレベルに達していることを面接の際に伝える必要があります。
また、面接時に求められれば迷わず英語を使うことも重要といえます。実際の発音などを聞けば英語に関する評価が上がるためです。

外資系転職エージェントランキング