外資系企業働く上で必要なこと

MENU

外資系企業働く上で必要なこと

最近では多くの人が外資系企業で勤務することに興味を持っていると言われています。
外資系企業とは、その本社が外国にある企業のことをいいます。
こうした企業の特徴として、日本企業と比較して給料やボーナスが高いことが挙げられます。
また、日本企業のようにサービス残業や付き合い残業などがなく、考え方が非常に個人的であることもいわれています。
日本企業は年功序列である一方で、外資系企業は実力主義で、仮に年齢が若くても実力があれば上位職位になることも可能です。
そのため、実力に自信がある人は外資系企業に向かっていると言われています。

 

外資系企業で働く上で必要なことについては、語学が重要といえます。
日本国内で勤務する場合は、日本語が話せればそれでよいのですが、海外で働く可能性も高いことから、その国の言葉や特に英語は十分に話すことができることを求められます。
英語を話すことができる目安としては、いろいろありますが、公的な英語資格をとることが挙げられます。
例えば、英語検定の準1級やTOEIC試験の860点以上をとる等が挙げられます。
仮にこの程度のスコアーを確保することができれば外資系企業の面接を受けたとしても合格することができます。

外資系転職エージェントランキング