外資系企業の面接で注意すること

MENU

外資系企業の面接で注意すること

最近では多くの人が以前ほどではないものの外資系企業に興味を持っていると言われています。そのため、新規採用職員だけではなく転職を目指す人たちの中でも外資系企業を目指す人が増えていると言われています。

 

外資系企業では、一般的に給与が日本企業と比較して高いことが挙げられます。
また、ボーナスなどもきっちりと払われることがほとんどのため、多くの人にとって魅力のある企業群の一つと言えます。

 

外資系企業の面接での注意点については、いくつかあります。
例えば、ほとんどが本社が英語圏の外国であるため、英語を話す準備をすることが挙げられます。
面接の際は通常はその国の言葉で話すのが一般的ですが、こうした企業の場合は、国外への転勤なども考えられるため、面接の際に英語で話しかけられる可能性もあります。
たとえ英語が得意な人であったとしても、急に話しかけると戸惑いますし、能力を十分発揮できない可能性も考えられます。
そのため、事前に英語が出る可能性を考慮して、発音のチェックや簡単な会話程度のフレーズはチェックしておくことが良いと考えられます。
それ以外の注意点としては、その外資系企業の社歴や強みなど基礎的な事項はチェックしておくことです。

外資系転職エージェントランキング